行って来ました、尾瀬至仏山!

この記事は3分で読めます

こんにちは

パウダー・バックカントリー専門店

paualikers(パウダライカーズ)店長です

 

 

先日お伝えした通り、

28日(火)に至仏山行って来ました

 

鳩待峠開通後に至仏山へ行くのは5年ぶり

至仏山へ行くのは2年ぶりでした(笑)

 

2010.4.26 至仏山筋斗雲ツアー
五年前の至仏山@筋斗雲ツアー

20130423_055352
ゲート開通前に自転車でアプローチ

20130423_111726
その時はこんなに雪があったのに^^;

至仏山
今回はこれだけ
多いんだか少ないんだか。。

 

 

5年前は筋斗雲のツアーで2回目の至仏山

初めてシールを使いました。

 

 

2年前は鳩待峠開通前に自転車を使ってアプローチ

ゲートから鳩待手前までで1時間半

その後山頂まで4時間位?

 

途中で自転車はデポしてその後は

富士山を想定してスノーシューで登ってみたら

雪の状態が良くなくてランナーズニーに

膝が痛くて泣きそうでした(笑)

 

 

そして今回は本当に本当のソロ至仏山。

ウロコ板ってどんな感じなのか知りたくて

玄関に眠っていた古いトラブルメーカーを

自作ウロコ板に

20150428_065542

 

やり方は簡単

カッターで斜めに切れ込みを入れるだけ(笑)

 

20150428_081218

 

でも実際登ろうとすると

さすがにそれだけでは登らない(笑)

駐車場から見える位すぐの所で

一人もくもくとカッターで加工

 

斜めに入れた切れ込みを上からさらに切って

きちんと溝を作ってみる。

 

少し登るようになった

 

 

そこで、さらに足元の溝を増やしてみると

もう少し登れるようになったので

どの程度行けるかちょっとチャレンジしてみる。

 

 

 

登れるようになったけど、まだちょっと滑りやすい。

なのでもっと本数を増やしてみる。

 

足元は増やしたのでさらにテール側を増やしてみたら

もっと登れるようになった

 

 

なので、またまたチャレンジ

けっこう登れるので10~15分位ハイクして

休憩がてらもっと増やしてみる。

 

今度は足元からトップにかけて

溝の本数を増やす。

 

 

これで足元から前後にかけて

10~15cmくらいには溝が入った状態に

これ以上は滑走性に影響が出すぎてしまいそう。

 

そこで、簡単カッター自作ウロコは完成として

あとはひたすらハイク

 

 

自作ウロコ板は

登るのに少しコツがいるのでそれが疲れる。

あとちょっと急になると登らない

そんな時はきっぱりと板を脱いでつぼ足に。

 

春なので下手するとつぼ足の方が速いかも?

なんて思いながらも、ウロコって良いな~。

なんて事も考えながら、

シールの抵抗すら無い快適なハイクを堪能

 

 

 

僕はロングハイク(3時間以上)すると

足の付け根が痛くなる。

だから家でそこを筋トレしているんですが

ウロコは抵抗がほとんど無いので

それすら無く快適でした

 

 

特に緩斜面や緩いアップダウンのあるルートは

ウロコ最高だと思います

テレマークではなくても、ハイクとスキーのモードを

はいたまま切り替えられるビンディングなら

威力を発揮すると思います

 

ボレー(Voile)ではスプリットのウロコまであります

 

 

ウロコ自作の方法はまた今度

 

 

 

追伸

鳩待の駐車場が少なくなってた

5年前は両方一般の駐車場だったのに。。

20150428_124132

 

 

少しでもあなたのウィンターライフの

お役に立てれば嬉しいです!

分からないことなどあればお気軽にご連絡下さい!

 

(このルートは良かったよー^^)

なんて報告は大歓迎です(笑)

 

 

お問い合わせはこちら⇒お問い合わせ

ショップはこちら

【パウダー・バックカントリー専門】 paualikersパウダライカーズ【Smith Bula ON3P RAMP】

 

 

パウダーライド、スキー・スノーボードの楽しさを

みんなに伝えたいです!

paualikers(パウダライカーズ)をよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめカテゴリー記事

2003年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031